犬や猫の歯周病は恐ろしい病気なので歯磨きが必要です。

 

愛犬、愛猫の口内ケアって気になりますよね?

 

ご存知の方も多いと思いますが、犬や猫は歯周病になると治りません。

 

歯が抜け落ち、他の病気も併発して最悪なこととなってしまいます。

 

犬、猫の健康は歯から始まり、歯がキレイで丈夫な犬、猫は病気にならないと言われているくらい犬、猫の口内ケアは重要です。

 

飼い犬や、飼いネコは、食べやすく加工された食事を与えられるので、どうしても歯垢がたまりやすくなり、歯垢がたまりやすいので歯石になり、最終的には歯肉炎や歯周病になってしまいます。

 

犬や猫は人間の子供と同じで、自分で健康管理ができません。

 

頼れるのは飼い主さんだけなのです。

 

しかし、愛犬や愛猫に歯磨きをしようと思っても嫌がる犬、猫がほとんどです。

 

静かに歯磨きをさせてくれる犬、猫はかなりの少数派です。

 

歯周病予防に歯磨きをしてあげたいけど押さえつけて無理矢理するのはなんだかかわいそうですよね。

 

そんな愛犬や愛猫の歯磨きにお悩みの飼い主様に歯磨き問題を解決できるようにとまとめたのが当サイトです。

 

このサイトでは歯磨きの必要性や歯周病の怖さ、おすすめの方法まで紹介いたします。

 

そもそも犬や猫は虫歯にならないと言われているので歯磨きをする必要があるのかという疑問がありますよね?

 

先に結論から申し上げますと犬も猫は歯磨きをする必要があります。

 

犬も猫も人間と同様、歯周病になる動物です。

 

そして、やっかいなのは、犬や猫は人間と違い、一度歯周病になってしまうと治りません。

 

歯周病とは細菌の感染により引き起こされる歯茎の炎症性疾患で、歯と歯茎の境目に細菌が入り込み赤くなる、腫れるといった炎症症状を引き起こします。

 

その炎症がひどくなると歯を支える土台が溶けてしまい、歯がぐらついてくる、歯が抜けてしまうといった恐ろしい症状を引き起こしてしまうのです。

 

更に最悪のケースは歯周病菌が血液に入り体中を廻ってしまうと、最悪の場合死に至る疾患につながることもあります。

 

歯周病の原因は歯と歯の間に残った食べ残しが歯垢となり、細菌の繁殖を促してしまうことが主な原因です。

 

その歯垢がさらに放置させると石のように硬くなる歯石となります。歯垢が一度歯石となってしまうと、動物病院に言って麻酔をかけて切除しないと取ることができません。

 

しかし、多くの動物病院ではよっぽどのことがない限り、猫の全身麻酔をするリスクを考えて治療はしてくれないというのが現実です。。

 

全身麻酔で治療を行うなんて飼い主としては避けたいですよね。

 

なので歯周病の現認になる歯石を作らなために普段から歯磨きをすることが大切になってくるのです。

 

歯周病は、ほんとうにやっかいな病気です。

 

犬、猫の入れ歯や差し歯は今のところ開発されていませんので、歯が抜け落ちててしまうと大変です。

 

愛犬、愛猫にいつまでも美味しくご飯を食べてもらうように歯周病予防の歯磨きは是非実践してもらいたいです。

 

犬、猫用の歯ブラシを使って歯を磨く場合、なかなかうまくできずに苦労をしている飼い主様は多いと思います。

 

犬や猫にとって歯を磨くという概念はないため、口のなかに無理矢理何かを入れられる行為はストレス以外の何ものでもありません。

 

成猫から歯磨きを始める場合は難しくなるので、できれば子猫のうちから歯磨きをする習慣をつけておくといいでしょう。

 

毎日の歯磨きが大変だと感じているなら、歯磨き不要で口内ケア、歯周病予防ができるラブリービーという優れもの製品もあるので、興味があれば確認してみてください。

 

画期的でおすすめです。

 

ラブリービー購入者34人の評価と評判

 

犬と猫の歯磨きのやり方とコツ☆おすすめの知っておくべき12の知識

 

 

愛犬、愛猫の歯周病予防には歯磨きの習慣をつけましょう。

 

愛犬、愛猫の口内ケアしてあげてますか?

 

全然していないという飼い主さん、愛犬、愛猫の口臭がきつくなっていたら既に要注意です。

 

歯磨きは大変ですけど、してあげないと愛犬、愛猫が歯周病にかかり様々な病気を併発してボロボロになってしまいます。

 

愛犬、愛猫が病気になり苦しむ姿は飼い主としても辛く見たくないものです。

 

実は犬や猫は人間に比べると、はるかに歯周病や歯肉炎になりやすい動物なのです。

 

そして歯周病になりやすい犬や猫はドライフードよりも缶詰などのやわらかいエサを好む傾向があるとも言われています。

 

日常的にやわらかいものばかり食べている犬や猫は歯垢がたまりやすく、歯が弱くなり歯周病になりやすくなります。

 

歯肉炎なら、まだいいのですが、歯周病になってしまうと意外と深刻な状況になってしまいます。

 

例えば、歯が抜け落ちてエサが食べられなくなったり、歯周病菌が血管に入ると全身を廻って思わぬ臓器障害が出てしまったり、歯周病とは、最悪の場合、死に至ることもある怖い病気なのです。

 

歯周病予防のためには、やはり専用の歯磨き粉や歯磨きジェル、歯磨きオイルをつけて歯磨きをして常に口内ケアをしてあげる必要があります。

 

毎日の歯磨きが大変だと感じているなら、歯磨き不要で口内ケア、歯周病予防ができるラブリービーという優れもの製品もあるので、興味があれば確認してみてください。

 

画期的でおすすめです。

 

ラブリービー購入者34人の評価と評判

 

犬と猫の歯磨きのやり方とコツ☆おすすめの知っておくべき12の知識

 

12匹のリアルな愛犬、愛猫たちの歯磨き事情

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎日の歯磨きが大変だと感じているなら、歯磨き不要で口内ケア、歯周病予防ができるラブリービーという優れもの製品もあるので、興味があれば確認してみてください。

 

画期的でおすすめです。

 

ラブリービー購入者34人の評価と評判

 

犬と猫の歯磨きのやり方とコツ☆おすすめの知っておくべき12の知識

 

 

犬や猫が歯磨きを嫌がるからと言ってしないとどうなるのか?

 

犬や猫は人間と違って虫歯にはなりません。

 

ならば、歯磨きは必要ないのか?

 

歯磨きしなくても大丈夫なのか?

 

嫌がるからと言って歯磨きしないとどうなるのか?

 

ちょっと気になりますよね?

 

結論を言うと、犬や猫は虫歯にはなりませんが、歯周病になりやすい動物なので、専用の歯磨き粉や歯磨きジェル、歯磨きオイルをつけて歯磨きをするといった口内ケアは必要なことになります。

 

特に飼い犬や飼い猫は良質で食べやすい食事を与えられているので歯垢がたまりやすく、嫌がるからと言って歯磨きや口内ケアをしていないと、ほぼ確実に歯周病になります。

 

犬や猫は痛さや調子の悪さを本能的に表現しません。

 

むしろ体調の悪さを隠そうとします。

 

なので、嫌がるからと言って歯磨きなどの口内ケアをしてあげていないと、気が付いた時には歯周病になり歯が抜け落ちてボロボロになってしまうということになりかねません。

 

犬や猫の歯周病はけっこう怖い病気で、一度、歯周病になってしまうと、治療は、かなり困難で完治することはない病気です。

 

歯が抜け落ち、歯茎も腫れ出血もあるので、まともにエサが食べられなくなってしまいます。

 

それだけなら、まだ、流動食をあげるとか、対策はできますが、怖いのは歯周病菌が血液に入って全身に廻ってしまうことです。

 

歯周病菌で臓器が侵され内臓疾患などの大きな障害を併発することがあるからです。

 

犬や猫は虫歯にはなりませんが、口臭対策や歯肉炎予防、歯周病予防には専用の歯磨き粉や歯磨きジェル、歯磨きオイルをつけて歯磨きするなどの口内ケアをしないと、意外と大きな病気になる可能性があります。

 

愛犬、愛猫が嫌がるからと言って歯磨きや口内ケアをしてあげないと、あとで歯周病になりかわいそうなことになるので、愛犬、愛猫の歯磨きや口内ケアは飼い主の義務だと思って、習慣として、やってあげてほしいと思います。

 

毎日の歯磨きが大変だと感じているなら、歯磨き不要で口内ケア、歯周病予防ができるラブリービーという優れもの製品もあるので、興味があれば確認してみてください。

 

画期的でおすすめです。

 

ラブリービー購入者34人の評価と評判

 

犬と猫の歯磨きのやり方とコツ☆おすすめの知っておくべき12の知識

 

 

愛犬、愛猫を歯磨きするのにコツはあるの?

 

犬、猫の健康は歯から始まると言われるくらい口内ケアは重要で、歯磨きしない犬、猫はノラと同様で長生きできません。

 

自分が飼っている愛犬、愛猫はノラではないので、しっかり歯磨きしてあげましょう。

 

しかし、犬や猫は本能的に口内を触られるのを嫌がります。

 

なので、歯磨きには少々コツのようなものがいります。

 

一番いいのは、子供のころから歯磨きする習慣をつけてしまうということです。

 

子供のころから歯磨きする習慣をしつければ嫌がらずに簡単に歯磨きしてあげることができます。

 

歯磨きの習慣が無く、大人になってしまった犬、猫はどうしても歯磨きを嫌がります。

 

そのような時に歯磨きするコツですが、これは、はっきり言って性格もあるので、こうすれば歯磨きできますというような定番の方法みたいなものは残念ながらありません。

 

しいて言えば、日頃から口を触るコミュニケーションをとっておくと、いざ歯磨きの時でも、さほど抵抗なく口をさわらせてくれます。

 

まとめると、歯磨きのコツというかポイントは2つです。

 

1、子供のころから歯磨きの習慣をつける。

 

2、日頃から口を触り、口を触られることの抵抗を無くす。

 

しいて言えば、犬、猫の歯磨きのコツは、この2つくらいではないかと思います。

 

犬、猫の歯の健康は命に直結する病気につながるので、めんどくさがらずに、大変でも愛犬、愛猫の口内ケアは飼い主さんがやってあげましょう。

 

ちなみに歯垢取りは動物病院でもやってもらえますが、2〜3万円程度かかります。

 

毎日の歯磨きが大変だと感じているなら、歯磨き不要で口内ケア、歯周病予防ができるラブリービーという優れもの製品もあるので、興味があれば確認してみてください。

 

画期的でおすすめです。

 

ラブリービー購入者34人の評価と評判

 

犬と猫の歯磨きのやり方とコツ☆おすすめの知っておくべき12の知識

 

 

 

犬と猫の歯磨き専用おもちゃ(玩具)って実際どうなの?

 

犬や猫のデンタルケア商品を見ていると、ご存知のかたも多いと思いますが、歯磨き専用おもちゃっ(玩具)ていうのがあります。

 

簡単に説明すると、愛犬、愛猫に、おもちゃ(玩具)を与えて、そのおもちゃ(玩具)を遊ばせながらかじらせて、それで歯垢を取ろうというものですね。

 

確かに、夢中になって噛んでくれれば特に歯磨きさせなくても、それで十分歯磨き効果はあると思います。

 

しかし、これには大きな前提があります。

 

その歯磨きおもちゃ(玩具)に飽きずに毎日夢中になって噛んでくれれば歯磨き効果があるということです。

 

うちの場合は残念ながら、歯磨きおもちゃ(玩具)には、まったく興味を示さずに全然ダメでした。

 

それと、仮にうまくはまって夢中で噛んでくれたとしても、当然ですが、そのおもちゃ(玩具)は歯垢や雑菌だらけになるので毎日洗って清潔に保たないと雑菌だらけのおもちゃ(玩具)を噛ませていたら口内ケアのはずが本末転倒になってしまいます。

 

犬、猫用の歯磨きおもちゃ(玩具)についての見解をまとめてみます。

 

・そもそも興味を示さないことがある。

 

・毎日飽きずに噛んでくれるかは疑問。

 

・おもちゃ(玩具)の洗浄が大変。

 

少なくとも以上のハードルをクリアできなければ歯磨き効果はありません。

 

結論としては、ストレス解消のおもちゃ(玩具)としては良いと思いますが、これで歯磨き問題が解決できるとは思えません。

 

やはり、めんどうでも歯ブラシでしっかり歯磨きしてあげたほうがいいと思います。

 

もし、毎日の歯磨きが大変だと感じているなら、歯磨き不要で口内ケア、歯周病予防ができるラブリービーという優れもの製品もあるので、興味があれば確認してみてください。

 

画期的でおすすめです。

 

ラブリービー購入者34人の評価と評判

 

犬と猫の歯磨きのやり方とコツ☆おすすめの知っておくべき12の知識

 

 

愛犬、愛猫が歯磨きを嫌がる場合の対処方とは?

 

犬も猫も歯磨きに慣れない最初のうちは、みんな嫌がります。

 

しかし、嫌がるからといって放置しておくと、歯垢がたまり歯石になり、最悪は歯周病になってしまいます。

 

犬、猫の歯周病は一度なってしまうと治りません。

 

口臭がひどくなり、歯が抜け落ち、他の病気も併発してボロボロになってしまいます。

 

なので、愛犬、愛猫の歯磨きや口内ケアは飼い主がやってあげる必要があります。

 

犬や猫は人間の子供と同じで、自分で健康管理ができません。

 

頼れるのは飼い主さんだけなのです。

 

愛犬、愛猫の歯磨きについては、なるべくなら子供のころから歯磨きの習慣をつけるのが一番いいのですが、歯磨きの習慣が無いまま成犬、成猫になってしまった場合の歯磨きは基本的に嫌がるので大変です。

 

そのような場合は、いきなり歯磨きをすると、更に嫌がり歯磨きしなくなってしまうので、押さえつけて強引に歯磨きするのではなく、まずは、リラックスさせるようにコミュニケーションから始めるといいでしょう。

 

徐々にコミュニケーションをとりながら口を触られることを嫌がらないように慣らしていきます。

 

根気よく、嫌がったら一旦やめて、落ち着いてから再トライ。

 

性格にもより慣れるまではけっこう時間がかかりますが、だんだん嫌がらなくなり歯磨きさせてくれるようになると思います。

 

歯磨きは習慣にして、できれば毎日するのが良いのですが、慣れないうちは、1週間に1度とか、3日に1度とかにして、少しずつ間隔を縮めて毎日できるようにしましょう。

 

毎日の歯磨きが大変だと感じているなら、歯磨き不要で口内ケア、歯周病予防ができるラブリービーという優れもの製品もあるので、興味があれば確認してみてください。

 

画期的でおすすめです。

 

ラブリービー購入者34人の評価と評判

 

 

 

犬、猫の歯磨きのやり方、方法、注意点とは?

 

歯磨きといっても、実際どうやって歯磨きすればいいの?やり方は?注意点は?

 

なんて思う飼い主さんも少なくないとおもうので、犬、猫の歯磨きのやり方、方法、注意点などを簡単に説明します。

 

まず、犬、猫用のデンタルペースト(歯磨き粉)や歯磨きジェル、歯磨きオイルをつけてをほんの少し歯ブラシにつけて、歯を1本1本優しくこすり、可能であれば裏側(内側)も行ってください。

 

何もつけづに渇いた状態で歯磨きすると歯茎を傷つけてしまいます。

 

犬、猫の歯茎は弱くデリケートで傷がつきやすいので注意しましょう。

 

歯磨きジェル、歯磨きオイル、デンタルペースト(歯磨き粉)は必ずペット用を使いましょう。

 

人間用のデンタルペースト(歯磨き粉)は犬や猫には合いません。

 

特に、人間用のペーストによく配合されているキシリトールは犬にとっては毒となるもので、口にすると低血糖を引き起こすことが報告されています。

 

猫にも刺激が強すぎて同様の副作用の恐れがあるため、決して与えないように注意してください。

 

歯磨き前にタオルなどで体をくるんであげると、落ち着いた状態を保てることもあります。

 

要はリラックスさせることが大切です。

 

歯ブラシを使わず専用のガーゼやシートを指に巻いて歯磨きする方法などもありますが、おすすめはやはり歯ブラシです。

 

「ふき取る」のと「かき落とす」くらいの差があります。

 

歯ブラシは歯垢除去に最も効果的です。

 

しかし、歯ブラシを急に見せると怖がるかもしれません。

 

歯ブラシでじゃらしたり、毛をなでたりして、普段から歯ブラシに触れさせておきましょう。

 

歯ブラシに好きなフードの汁をつけてもよいですね。

 

歯ブラシを怖がることがないよう少しずつ慣らしておきましょう。

 

まず、歯磨き前に歯ブラシを水で濡らしましょう。乾いたままの歯ブラシは歯ぐきを傷つけてしまうのです。

 

次に、専用の歯磨き粉や歯磨きジェル、歯磨きオイルをを少量つけたら、歯ブラシを横向きにして歯周ポケット(歯と歯ぐきの間)の近くに水平よりやや斜めの角度で当てます。

 

水平方向に小刻みに動かして磨いていきましょう。

 

ブラシを当てる角度がきつすぎると、歯ぐきを傷つけることがあるので注意しましょう。

 

歯ぐきに歯ブラシが直接当たらないように気を付けてください。

 

そして、歯磨きのポイントは「臼歯」です。

 

歯のケアで最も重要な場所は奥歯、つまり臼歯です。

 

ほかの歯よりもずっと複雑な形をしているうえ、よく使うので歯垢がたまりやすいのです。

 

ここを重点的に磨きましょう。

 

上あごの一番大きな臼歯は、唾液腺の分泌口があり、特に歯石がたまりやすいくなるので丁寧に磨きましょう。

 

また、下顎の歯は上顎の歯がかぶさるので、汚れが溜まりやすいのでケアしてあげましょう。

 

唾液に含まれるカルシウムやリンが歯石を作りやすくしてしまいます。

 

歯磨きの注意点の一つとして、すでに歯肉炎や歯周病にかかっている場合など、歯磨きを始めてよいかを判断できないときは、病院で確認してもらいましょう。
歯ブラシはなるべくなら犬、猫専用のものを使いましょう。

 

人間用の歯ブラシなら必ず柔らかいものにしてください。

 

普通の歯ブラシでは、犬、猫には硬すぎて歯茎を傷めることになります。

 

歯ブラシは乾いたまま使用しないで、専用の歯磨き粉や歯磨きジェル、歯磨きオイルをつけて歯磨きしましょう。

 

特に猫や小型犬の歯ぐきは非常に繊細です。

 

乾いたままの歯ブラシでは歯茎に傷がつきます。

 

磨き方は基本的に強くと磨くと傷つけてしまううえ、歯垢もとれません。

 

優しくソフトに磨きましょう。

 

毎日の歯磨きが大変だと感じているなら、歯磨き不要で口内ケア、歯周病予防ができるラブリービーという優れもの製品もあるので、興味があれば確認してみてください。

 

画期的でおすすめです。

 

ラブリービー購入者34人の評価と評判

 

 

 

歯ブラシでの歯磨きを嫌がるならガーゼやシート、綿棒を使う方法も?

 

愛犬や愛猫の歯磨きで、歯ブラシを嫌がってなかなか歯磨きをさせてくれないというのがけっこう多いと思いますが、そういった犬、猫には、歯ブラシではなく指に巻いて使う専用のガーゼやシート、綿棒を使ってみるという方法があります。

 

最近では、そういった犬や猫専用のデンタルケア製品が増え、ホームセンターやペットショップ、ドラックストアでも様々な犬、猫の歯磨き専用のガーゼやシート、綿棒などがたくさん売られているので、歯ブラシを嫌がるようなら、ガーゼやシート、綿棒で試してみるのもいいと思います。

 

やり方としては、指にガーゼやシートを巻いて、歯をこするという単純なやり方になります。

 

これなら、歯ブラシよりは、歯磨きしやすくなります。

 

歯磨きガーゼやシート、綿棒には洗って何度も使うものと、その都度、使い終わったら捨てる使い捨てタイプのものがありますが、おすすめは、多少値段は高くなりますが、使い捨てタイプのもののほうが清潔でめんどくさくないので使いやすいと思います。

 

しかし、やはり歯磨きガーゼやシート、綿棒は「汚れかき落とす」のではなく「汚れをふき取る」というものになるので、一番歯垢が取れるのは歯ブラシです。

 

歯磨きガーゼやシート、綿棒に慣れてきたら、少しずつ、歯ブラシに移行する練習もさるようにしていきましょう。

 

最初のうち慣れるまでは大変ですが、愛犬、愛猫が歯磨きに慣れて習慣になってしまえば、嫌がらずに歯磨きさせてくれるようになります。

 

毎日の歯磨きが大変だと感じているなら、歯磨き不要で口内ケア、歯周病予防ができるラブリービーという優れもの製品もあるので、興味があれば確認してみてください。

 

画期的でおすすめです。

 

ラブリービー購入者34人の評価と評判

 

 

 

犬、猫の歯磨きは、いつからすればいいですか?頻度は?

 

飼い犬や、飼い猫の歯磨きはいつから始めたらいいのか、頻度は?どれくらいのペースで歯磨きすればいいの?

 

なんていう疑問を持つ飼い主さんがけっこういます。

 

結論から言うと、歯磨きは小さい時から早ければ早いほどいいです。

 

歯磨きの頻度やペースは、できれば毎日歯磨きしてあげてください。

 

人間だって毎日歯磨きしますよね?

 

愛犬、愛猫も毎日食事をとっているので同じです。

 

食事すれば、口内や歯は汚れて歯垢がつきます。

 

なので、歯磨きの頻度は毎日してあげるのがが好ましいですね。

 

犬、猫の場合、3〜5日で歯垢が歯石へと変わりますので健康な歯を保つためには3日以内に歯磨きをしてあげましょう。

 

できれば、毎日の歯磨き習慣をつけましょう!

 

いつから?ということに関して、歯磨きを始めるタイミングがわからないという人がいますが、結論から言うと、子供のころから歯磨きしてください。

 

歯が生えてきたらすぐに歯磨きを始めてください。

 

小さい子供のうちは、ガッツリ歯磨きするということではなく、遊びながら歯磨きを慣らすというイメージでいいと思います。

 

犬、猫の歯磨きは成犬、成猫になってから始めようとすると、嫌がって大変です。

 

なので、歯磨きは、なるべく小さい頃から慣れさせて習慣にするようにしたほうがいいです。

 

飼い犬や飼い猫はどうしても、食べやすく加工された専用フードを食べることが多くなるので、歯垢がたまりやすいです。

 

3歳以上の成犬、成猫の80%以上は歯周病予備軍とも言われています。

 

そして、老犬、老猫のほとんどが歯周病になっているとも言われています。

 

犬、猫の健康は歯から、歯がキレイで丈夫な犬、猫は長生きするとも言われています。

 

飼い犬、飼い猫にとって歯磨きは必須な習慣ですので、なるべく小さい子供の頃から歯磨きをする習慣をつけさせたほうがいいです。

 

犬、猫の歯周病の怖さは、もう、ご存知でと思うので、あえて説明しませんが、歯周病予防のために歯磨きは必要です。

 

それは、小さい子供の頃から、早ければ早いほど苦労しないので、歯磨きの習慣は歯が生えてきたらすぐに始めていいです。

 

気にしてよく見てみればわかると思いますが、歯がキレイで丈夫な犬、猫は20歳以上で、本当に長生きしています。

 

「犬、猫の歯磨きは、いつからすればいいですか?」

 

「今でしょ。」

 

が答えです。

 

毎日の歯磨きが大変だと感じているなら、歯磨き不要で口内ケア、歯周病予防ができるラブリービーという優れもの製品もあるので、興味があれば確認してみてください。

 

画期的でおすすめです。

 

ラブリービー購入者34人の評価と評判

 

 

犬と猫の歯磨きのやり方とコツ☆おすすめの知っておくべき12の知識

 

 

犬、猫専用の歯磨きガムや歯磨きおやつは手間いらずで効果的なのか?

 

愛犬、愛猫が歯磨きを嫌がり大変という飼い主さんには、歯ブラシを使わず、専用のジェルや歯磨き粉で歯磨きガーゼやシート、綿棒を利用するという方法をご紹介しましたが、もう一つ簡単な歯磨き方法があります。

 

それは、犬、猫専用の歯磨きガムや歯磨きおやつを与えるというものです。

 

歯磨き効果のある犬、猫専用のガムやおやつがホームセンターやペットショップ、ドラックストアなどで市販されているので、それらを利用する歯磨き方法になります。

 

これは、ガムやおやつが犬、猫が好きな香りや素材でできていて、噛みつくことで歯垢を取り歯磨き効果を狙うという方法になります。

 

飼い主さんが自分で歯磨きしてあげる手間がないので非常に簡単で楽な方法なので、歯磨きガムや歯磨きおやつをあたえている飼い主さんも多いです。

 

非常に簡単でいいのですが、デメリットもあります。

 

まず、最初はいいのですが、愛犬、愛猫が歯磨きガムや歯磨きおやつに飽きてしまい、まったく興味を示さなくなることがあります。

 

歯磨きは基本的に毎日したほうがいいので、歯磨きガムや歯磨きおやつに飽きて興味を示さなくなると、歯磨きや口内ケアが完全にストップしたしまう状態になってしまいます。

 

歯磨きガムや歯磨きおやつに頼っていたので、歯ブラシで歯磨きすることが、よりストレスで嫌がるようになってしまいます。

 

それと、歯磨きガムや歯磨きおやつの素材も添加物が入っているものが多く、完全な加工食品になるので毎日与えていいものかということも心配になります。

 

硬いタイプの歯磨きガムや歯磨きおやつは飽きる傾向が強いですし、柔らかいタイプの歯磨きガムや歯磨きおやつだと、食べやすい分よく噛まずに飲み込んでしまったりというようなデメリットがあります。

 

やっぱり歯磨きは原始的で大変ですが、歯ブラシで歯磨きするのが一番効果的だと思います。

 

毎日の歯磨きが大変だと感じているなら、歯磨き不要で口内ケア、歯周病予防ができるラブリービーという優れもの製品もあるので、興味があれば確認してみてください。

 

画期的でおすすめです。

 

ラブリービー購入者34人の評価と評判

 

 

 

犬、猫の歯磨きで歯の裏側(内側)はどうすればいいのか?

 

愛犬、愛猫の歯磨きをしていると、外から見える外側は磨けるけど、裏側(内側)の歯磨きがなかなかできないと思っている飼い主さんは多いのではないでしょうか?

 

確かに、実際、愛犬、愛猫の歯磨きをしていると、歯の裏側(内側)の歯磨きは難しいですよね。

 

では、愛犬、愛猫の歯の裏側(内側)を磨くにはどうしたらいいのか?

 

これは、歯の裏側(内側)を磨くには、口を開けさせないと磨くことはできません。

 

院、猫は犬歯の後ろに指を入れると口を開けますが、慣れないと嫌がります。

 

なので、歯磨きの時に少しずつ口を開けさせるようにトレーニングしていく必要があります。

 

いきなり強引に口を開けさせようとすると、嫌がり逆効果になるので、リラックスさせて怖くないことを教えてあげなければ口を開けてくれません。

 

強制的に口に突っつかえ棒をはめて口を開けさせる製品も販売されていますが、これは、愛犬、愛猫にかなりのストレスをかけるので、おすすめできません。

 

犬と猫の歯磨きのやり方とコツ☆おすすめの知っておくべき12の知識

 

こういう強引な歯磨き方法はかわいそうなのでやめたほうがいいと思います。

 

人間の子供には絶対しないですよね?

 

愛犬、愛猫も子供と同じです。

 

歯の裏側(内側)の歯磨きは慣れるまで多少時間がかかるものだという認識で、リラックスした状態で毎日少しずつ根気よく教えてあげれば、歯磨きの時に口を開けて裏側(内側)も歯磨きさせてくれるようになります。

 

ポイントは焦らないこと、リラックスさせることですね。

 

最初のころは、無理に裏側(内側)まで歯磨きしなくても外側だけでも十分だと思うので、飼い主さんもリラックスして、愛犬、愛猫につきあってあげましょう。

 

 

毎日の歯磨きが大変だと感じているなら、歯磨き不要で口内ケア、歯周病予防ができるラブリービーという優れもの製品もあるので、興味があれば確認してみてください。

 

画期的でおすすめです。

 

ラブリービー購入者34人の評価と評判